現役会員のご紹介 ~市街地活性政策委員会 細谷 祐輔 君~

青年会議所の会員インタビューです。

■2015年度に入会し、市街地活性政策委員会 細谷祐輔君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

DSCN0230

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①入会したときの気持ちを教えてください。

札幌から苫小牧へ通勤しているため、どれだけ出席できるだろうか、家庭との折り合いはどうつけていくべきか不安がありました。今振りかえってみると、無理のない範囲で活動して仲間ができればいいなと安易に考えていたと思います。

 

②入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

入会時の面接や新年恒例会の厳粛さを目の当たりにし、とにかく真面目で体育会系の団体だと思いました。「絆」、「担い」、「設え」等、頻繁に飛び交うJC用語が印象的でした。

 

③2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

アカデミー例会直前の準備はとにかく大変でした。

しかし、スタッフの皆さんのご指導や同期メンバーに支えてもらい、無事例会をやりとげられたからこそ今でも青年会議所を続けているのだと感謝しています。

後期からは委員会に配属されましたが、ここでもスタッフや他のメンバーに支えられてきたという実感があります。仲間とともに例会や事業等の活動をやりとげた時の達成感こそが青年会議所の醍醐味なんだろうと思うようになりました。

④目標はできましたか?

より多くの仲間を作り、少しでも人間として成長して卒業したいと考えています。

 

 

DSCN7162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細谷君ありがとうございました。

沢山の仲間を作って、人としても成長し、これからもJC活動頑張ってください!

 

9月第一例会のご報告

9月29日(火),グランドホテルニュー王子において地域活性政策委員会担当9月第一例会~地域で育む「苫小牧のたから」~が開催されました。

DSCN8735

 

 

 

 

 

 

 

 

本例会は、苫小牧東部開発地域へ多くの企業を呼び込み地域経済を活性化するに、“ひと”という苫小牧に足りないピースを新たな優位性へと変え、既存の魅力と掛け合わせ、他地域には無い新たな魅力「苫小牧のたから」の創造を目的とする例会です。

 

DSCN8770DSCN8773

 

 

 

 

 

 

JCIクリード唱和    JCIミッション並びにJCIビジョン唱和

大野木 琢也委員       高橋 幸久副委員長

 

DSCN8775DSCN8791

 

 

 

 

 

 

JCI宣言並びに綱領唱和    例会趣旨説明

東 孝宣委員         小野 昌人幹事

 

 

DSCN8802DSCN8801

 

 

 

 

 

 

第一部では地域特性の持つ可能性と課題について、また日本唯一のCCS実証プロジェクト、太陽光発電に代表される再生可能エネルギー等、新たな優位性について佐藤 尚輝委員から説明がありました。

 

DSCN8715

 

 

 

 

 

 

 

DSCN8830 DSCN8826

 

 

 

 

 

 

 

第二部では、地域特性を活かし企業誘致を加速させる人財の定義についてご参会頂いたゲストを交えディスカッションが行われました。

 

 

DSCN8853 DSCN8850

 

 

 

 

 

 

第三部では人財を輩出するための具体案について「株式会社立大学」提案を瀧川 彰洋委員からプレゼンがありました。

 

DSCN8867

 

 

 

 

 

 

 

例会まとめ 高橋 幸久副委員長

 

 

 

DSCN8907

第64回全国大会東北八戸大会のご報告

2015年9月24日(木)~27日(日)、青森県八戸市において第64回全国大会東北八戸大会が盛大に開催されました。

私たち苫小牧青年会議所の姉妹JCであります八戸青年会議所様の主管の大会という事で、我々苫小牧青年会議所も多くのメンバーで八戸の地に赴き、副主管として共に大会運営に参加致しました。

 

DSCN8352DSCN8353

 

 

 

 

 

 

出展ブースでは苫小牧名物カレーラーメンを振舞いました。

 

 

11218155_980741281984828_895786860190664142_n

 

 

 

 

 

 

八戸市公会堂において開催された地域再興フォーラム。テーマは「地域再興戦略2020 ナンバーワンを目指して」と題してトークセッションが行われました。

 

DSCN8437

 

 

 

 

 

 

 

 

フォーラム会場前で記念撮影をする卒業生メンバー一同

 

 

DSCN8484

 

 

 

 

 

 

 

DSCN8458DSCN8466

 

 

 

 

 

 

拡大褒賞グランプリ&AWARDS JAPAN 2015の式典が行われました。AWARDS JAPAN 2015では、最優秀賞を苫小牧青年会議所が受賞いたしました!!
 

各種会議・フォラームやAWARDS JAPAN2015、大懇親会、そして卒業式といったプログラムの中で学び、楽しみ、つながりを拡げながら有意義な時間を過ごすことができました。

現役会員のご紹介~交流委員会 佐藤 千文 君~

青年会議所の会員インタビューです。

■2014年度に入会し、交流委員会、幹事 佐藤 千文 君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

 

IMG_9438

 

 

 

 

 

 

 

 

①入会したときの気持ちを教えてください。

嫌々でした、会社からの命令でもう逃げられない状況になり

やむを得ず入会しました

 

②入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

怪我で活動をスタートすること自体が他の同期より2か月遅く、初めて参加したのは

臨時総会の場でした

磯貝君が感じたとおり、他団体にはない独自の歌やセレモニーと呼ばれる儀式?的な物があり

ある種の宗教団体の様相を呈していたのは、改めて入るところを間違えたと感じた瞬間でした。

 

③2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

何事も外から見るのと、内に入るのとでは景色が違う、そう感じました。

何をしている団体か分からない、一言でいうなら得体が知れない

そしてお酒の飲み方が非常に迷惑だ

そんな周りからの意見を多数聞いていた為、入会前は偏見にも近い見方をしていました。

ただOBである当社社長より、「中に入って見もしないで、その団体の何が分かる?

入って活動し、それで本当に駄目な組織ならその時辞めればいい、外から言いたい事だけ言うのはおかしくないか?」

そう言われて入会したのですが全くその通りだったと今は自信をもって言えます。

JCに入会して出来た仲間は、他では得られない財産だと感じていますし、全てがいい団体とは

思いませんが、非常に魅力のある仲間と出会える場と考えます。

 

④目標はできましたか?

一人でも多くのメンバーとの絆を作って行きたい、それだけです。

 

 

佐藤幹事ありがとうございました。

色々複雑な思いがある中、入会してから気づきがあり、現在に至るお話が聞けて良かったです。

これからも仲間と一丸となって頑張りましょう!

 

DSCN0469

苫小牧東部地域見学事業のご報告

平成27年9月12日(土)、地域活性政策委員会による苫小牧東部地域見学会「苫東バスツアー 市長と未来を語り合おう!!」が行われました。

DSCN8104DSCN8117

 

 

 

 

 

次世代を担うこども達に東部地域に対する関心を持ってもらう為、苫東バスツアーを企画致しました。

DSCN8134DSCN8132

 

 

 

 

 

DSCN8129DSCN8154

 

 

 

 

 

 

<行程>

市役所~CCS実証プラント見学~苫小牧東部地域見学・苫東の丘(昼食)~苫小牧港管理組合(見学・ディスカッション)~市役所

DSCN8238 DSCN8245

 

 

 

 

DSCN8251DSCN8287

 

 

 

 

 

 

見学終了後、参加者の子ども達と市長を交えて東部地域の未来について考えるディスカッションが行われました。

 

DSCN8149継続的な東部地域の活用策を検討し、東部地域へ多くの企業を誘致するためには短期的な視点だけではなく中長期的な視点が重要です。この事業が、責任世代である我々と次世代を担うこども達が一緒に苫小牧東部地域の持つ魅力と可能性を確認し、苫小牧が夢溢れる地域となる未来を共に考える機会となれば幸いです。

夢のある経済人育成委員会8月第一例会のご報告

平成27年8月27日(木)グランドホテルニュー王子にて夢のある経済人育成委員会担当8月第一例会「自らがリーダーになる為に・・」~第2回JAYCEE 夢 スクール~が開かれました。

IMG_9904

 

 

 

IMG_9889

 

 

 

 

 

 

 

JCIクリード唱和 福士 雄三委員

IMG_9894

 

 

 

 

 

 

 

JCIミッション並びにJCIビジョン唱和 高橋 智委員

IMG_0055

 

 

 

 

 

 

JCI宣言並びに綱領唱和 田野 貴弘幹事

IMG_0025

 

 

 

 

 

 

 

例会趣旨説明 不川順詞副委員長

 

 

 

一時間目では、メンバーそれぞれが考えるリーダー像についてディスカッションを行い、発表されました。

IMG_9925IMG_9926

 

 

 

 

IMG_9944IMG_9945

 

 

 

 

 

 

 

 

二時間目では、ジェスチャーゲーム・予めメンバーから推薦されたリーダーの講演等の手法を用いて「今社会に求められる理想のリーダー」に成長する為に必要な事を学びました。

IMG_9964IMG_9968

 

 

 

 

IMG_0005

 

 

 

 

 

 

 

 

講師 株式会社北海砥石商会 苫小牧営業所長 大石泰裕様

 

 

IMG_0043 IMG_0041

 

 

 

 

 

 

三時間目では、講師の中小企業大学校 斎藤様にお越しいただきました。一時間目でリーダーとは何か、また二時間目でアクティビティー等用い皆さんにお伝えさせて頂いたリーダーに求められる資質の裏付けとして、斎藤様が実際に出会われた数多くのリーダー的資質を持つ方々のお話をご講演頂きました。リーダー育成の具体的手法と実際に行われた数多くのカリキュラムのエピソード等数多くのアドバイスを頂きました。

 

 

 

IMG_0087

 

 

 

 

 

 

 

現役会員のご紹介~会員拡大委員会 磯貝君~

苫小牧青年会議所の活動を広く市民の皆様に知っていただく一環として、青年会議所の会員インタビューを今後連載させていただきます。

初回は2014年度に入会し、今年度は会員拡大委員会 幹事の磯貝 大地君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

1441026475823 1441026482879

 

 

 

 

 

 

■インタビューアー総務委員会  副委員長 久保 卓也

 

 

久保:入会した時の気持ちを教えてください。

 

磯貝:元々JCに良いイメージが無く、そのようなところでとりあえず入会したような感じでしたので、本当に1年やったら辞めようと思っていました。

 

 

久保:入会して第一印象はどのような気持ちでしたか?

 

磯貝:変な宗教団体に入会してしまったと思いました。私が入会して初めて出させていただいたのは、白老JCさんの新年恒例会でした。そこでセレモニーや若い我らなど、日常生活では絶対見ることのない光景でしたので、ヤバイと思ってしまいました。

 

1441026488902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久保:アカデミー塾を卒業した時の気持ちを教えてください。

 

磯貝:経験したことのない半年間でしたので、兎に角とてつもない達成感と塾長をはじめとする塾スタッフの皆様や声をかけて頂いた、たくさんのメンバーの方、講師で関わって頂いたOBの方々、そしてたくさんの時間を共有した同期塾生に本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

久保:1年目と2年目の気持ちの変化は何かありますか?

 

磯貝:入会当初はどうやって目立たず、うまく休もうかと思っていましたが、それも徐々に同期塾生に感化され、やらされるというよりは、やらなければならないという思いに変わって行ったのかなと思います。

 

 

久保:目標はなにかできましたか?

 

磯貝:入会当初すぐにでも辞めたいと思っていましたが、今はこの青年会議所でたくさんの学びを得て卒業したいと思います。あとは、この青年会議所活動の素晴らしさをより多くの人に知って頂いて、拡大活動をしなくても自ら青年会議所に入会したいと思う方が増えるよう、頑張っていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

今後も現役会員にインタビューを行って参ります。市民の皆様、OBの皆様もインタビューをして欲しい会員のリクエストがございましたら是非お声かけください。総務委員会がインタビューを致します。

7月第一例会のご報告

市街地活性政策委員会担当例会「未来の中心市街地を創造しよう!」が

平成27年7月29日(水)グランドホテルニュー王子にて行われました。

DSCN7134

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧の中心市街地活性化を推し進めるためには、実際にその街で企業を経営する人たちが動くことはもちろんのこと、行政、関係団体、中心市街地の企業が連携を強化し、様々な視点から街について考えると同時に方向性を一つにして行かなければなりません。

その下地となる街づくり協議会が立ち上がった今、青年会議所が提案する新しい視点を提示し、活性化の方向性を合わせ、中心市街地活性化に対して共に真剣に考える場として今例会を開催させていただきました。

 

DSCN7107DSCN7110

 

 

 

 

 

 

JCIクリード唱和    JCIミッション並びにJCIビジョン唱和

上田 浩司委員        細谷 祐輔委員

DSCN7112 DSCN7123

 

 

 

 

 

 

JCI宣言並びに綱領唱和   例会趣旨説明

内城 隆則幹事       源津 善崇委員長

 

DSCN7117DSCN7118 DSCN7116DSCN7119

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ゲストパネラー】

苫小牧市総合政策部 まちづくり推進課

まちなか再生 主幹 武田 涼一様(写真上段左)

株式会社リブライフ 代表取締役 杉村 原生様(写真上段右)

【コーディネーター】

苫小牧駒澤大学 教授 川島 和浩様(写真下段左)

【オブザーバー】

株式会社志方写真工芸社 志方 光徳様(写真下段右)

DSCN7139

 

 

 

 

 

 

 

 

「中心市街地が活性化しない理由」「どのようにしたら中心市街地は活性化するのか」についてディスカッションが行われました。

 

DSCN7174DSCN7210

 

 

 

 

 

 

ディスカッション内容「どのようにしたら中心市街地は活性化するのか」を基に、街の方向性を決め実際に街をデザインしながら、どんな街になれば良いのかシュミレーションがされました。

チーム分けされたメンバーは中心市街地の模造紙の上に、市街地を構成する施設を段ボール製の建物を配置し街づくりを行いました。最後にチーム毎に発表者がなぜその場所にその建物を配置したのか導き出した答えを説明していただきました。

 

DSCN7213

 

 

 

 

 

 

 

 

例会まとめ

玉川 健吾副委員長

 

地域のまちづくりは地域と市民の参加と連携が最も重要です。地域の未来について考えることが、明るい希望ある苫小牧を創出させることに必ず繋がるのです。その為に街づくり協議会で市民と共に同じベクトルで苫小牧の未来を考え続け、よりよい方向へ変化をもたらし中心市街地活性化に繋げていきます!

DSCN7249

「同想会 ~2015いまを知り、つなげゆく想い~」のご報告

平成27年7月23日(木)グランドホテルニュー王子において同想会

~2015いまを知り、つなげゆく想い~が盛大に開催されました。

DSCN6645

 

 

 

 

 

 

 

 

歴代交流事業はOB会員の皆様との交流を通じて現役メンバーの感謝の気持ちを伝え、多くの学びを得る貴重な場と捉え開催されております。本年は101名の多くのOB会員の皆様に参加をいただきました。

 

 

OB交流事業では一般社団法人苫小牧青年会議所2016年度理事長予定者がお披露目されました。

DSCN6751DSCN6793

 

 

 

 

 

 

一般社団法人苫小牧青年会議所

第64代理事長予定者

藤 淳一君

 

DSCN6815

 

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧青年会議所OB会長 玉川 健仁様より

乾杯のご挨拶をいただきました。

 

IMG_9590IMG_9476

 

 

 

 

 

DSCN6820 IMG_9521

 

 

 

 

 

OB会員様・現役メンバー交流の様子

 

 

DSCN6846

 

 

 

 

 

 

 

交流会では2015年度後期アカデミー塾生の紹介もありました。

 

 

OB会員の皆様から交流を通じて学んだ歴史、継承され続ける伝統や想いを絶やさず後世へ引き継ぎます!

DSC_0063 - コピー

 

 

 

 

 

現役会員のご紹介~夢のある経済人育成委員会 真保 郵生君~

DSCN0007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青年会議所の会員インタビュー第2弾です。

■今年度に入会し、後期配属委員会は夢のある経済人育成委員会、真保郵生君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

  • 入会したときの気持ちを教えてください。

 

月に一回くらいある例会に顔出せばそれでいいからと入会を勧められたので、月イチなら・・・まあいいかという気持ちで入会したような気がします。入会審査のときは、ウソではありませんが柄にも無い綺麗ごと述べていた記憶があります。笑

そっと端っこに佇んで気配を消して見ていればいいだろうと思っていました。

 

 

  • 入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

初顔合わせの時、夜の繁華街で楽しそうにしている人達がシュッとしていたので、真面目だな・・・と思いました。

始めにアカデミー塾でしたが、同期ひとりひとりがどんな人なんだろうって様子を窺っていたと思います。

あと、「アカデミー」と「塾」。同じ意味合いの言葉が並んでいるのは変な感じだな・・・と。鮭サーモンみたいだなと思っていました。

 

  • 2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

 

アカデミー例会に向けた準備で、正直 面倒くさい、やってられね~、という気持ちは有りつつも、物事に対して意見してしまったからにはやらなくては。頑張っているメンバーが居たらシカトできない。。。アカデミースタッフや配属先メンバー、同期メンバーに自分の性格を上手くコントロールされて(泳がされて?)今日まで辞めずに続けられました。

青年会議所への気持ちは、相変わらず前述と然程変わりないのですが、青年会議所を通じて顔見知り位のメンバー同士が同じ目標に向かって行動を共にしたとき、ただの顔見知りではなくなり相手を思う気持ちが強くなってくるような気がしました。

 

  • 目標はできましたか?

次年度も、周りのメンバーに泳がされながらでも多くのメンバーと向き合い行動して、ただの顔見知りメンバーを無くせたらいいなと思っています。

 

 

 

 

DSCN9151

 

 

 

 

 

 

 

 

真保さんありがとうございました。

これからも沢山の仲間と共に頑張ってください!