市民協働委員会10月第二例会のご報告

平成27年10月29日(木)、グランドホテルニュー王子にて市民協働委員会担当例会がありました。

IMG_0519

 

 

 

 

 

 

市民協働の輪~市民と共に創り上げるお祭りへの第一歩~と題し、長年に渡り苫小牧市民に親しまれているスケートまつり・港まつりに我々苫小牧青年会議所が参画する意義を確認しました。

 

IMG_0491 IMG_0498

 

 

 

 

 

JCIクリード唱和         JCIミッション並びにJCIビジョン唱和

小林 史郎幹事        牧野 巌志委員

 

IMG_0497IMG_0513

 

 

 

 

 

JCI宣言並びに綱領唱和    例会趣旨説明

武田 美緒委員        佐々木 真史副委員長

 

 

IMG_0555 IMG_0523

 

 

 

 

 

 

始めにスケートまつり・港まつりの歴史と現状を吉川委員から説明がありました。お祭りとイベントを区別するためにお祭りの定義づけが行われ、そこで導かれた要素『連帯感』『達成感』『郷土愛』がお祭りには必要という定義からスケートまつり、港まつりがお祭りでは無くイベントになっている現状を認識します。

IMG_0527

 

 

 

 

 

 

その後、今年度委員会がスケートまつり・港まつりで行った紙袋ランタン、夢ハンカチ、ボランティア等の実績から市民をお祭りに参加出来るようにするにはどうしたら良いかを示すと共に、青年会議所がお祭りに参画している理由を明確にします。

 

 

パネルディスカッションが行われ、パネリストの方々に今のスケートまつり、港まつりについてどう思っているか、お祭りの現状について本音で語って頂き、今後の方向性について「苫小牧市行政改革プランNEXT STAGE」であげられている港まつり事務局機能の民間委託の内容について市の考えをお伺いしました。

IMG_0537 IMG_0559

 

 

 

 

 

パネリスト

苫小牧港まつり実行委員長  苫小牧市長 岩倉博文様

 

 

IMG_0569

 

 

 

 

 

 

第二部では、今後スケートまつり、港まつりをどの様にしたらよいか、委員会が考えるお祭りの姿を提言書の内容に沿って説明致します。他のお祭りの成功例も交え今後もスケートまつり、港まつりを発展継続させるには、市民が参加し共に創りあげる市民協働型のお祭りにしなくてはならないという提言がされました。

 

IMG_0579

 

 

 

 

 

 

市民が自主的に参加し、誇りに感じて活気が溢れるお祭りができる事でどの様なスケートまつり、港まつりになるか、未来のお祭りの姿を佐々木副委員長から展望が語られ、運営組織の人たちの意識醸成と未来への希望が指し示されました。

 

IMG_0590

 

 

 

 

 

 

IMG_0593IMG_0600

 

 

 

 

 

提言書を青山理事長より岩倉市長、福原会長に提出させていただきました。

 

IMG_0606

 

 

 

 

 

 

例会まとめ

市民協働委員会 佐藤 天亮委員長

 

 

IMG_0675

 

卒業式のご報告

一般社団法人苫小牧青年会議所 卒業式が平成27年12月4日(金) グランドホテルニュー王子にて盛大に開催されました。

DSCN8036

 

 

 

 

 

 

 

苫小牧青年会議所に入会されてから今日に至るまで、修練・奉仕・友情の下に日々まちづくりに邁進してこられた10名の同志がご卒業されました。共に軌跡や成果を振り返り、その同志の想いと意思を受け継ぎ、労うと同時に感謝と敬意の気持ちを持って新しい門出を現役会員・OB会員で祝われました。

DSCN7726DSCN7728

 

 

 

 

DSCN7779DSCN7760

 

 

 

 

 

 

 

今年度は、青山 直樹君・相馬 司君・錦戸 大輔君・不川 順詞君・小林 史郎君・佐藤 尚輝君・松岡 伸治君・酒井 雅樹君・内城 隆則君・武田 美緒君の10名がご卒業されました。

(入会年度順)

 

DSCN7973DSCN7932

 

 

 

 

DSCN7991DSCN7814

 

 

 

 

 

DSCN8022

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN8034DSCN8043

 

 

 

 

 

 

送辞            答辞

副理事長 藤 淳一君    卒業生代表 錦戸 大輔君

アワード表彰式のご報告

 

平成27年11月26日(木)グランドホテルニュー王子にて、総務委員会担当11月例会「ありがとう~苦楽を共にした仲間へ感謝の気持ちを込めて~」が開催されました。

DSCN9965

 

 

 

 

 

 

 

 

「夢咲き誇る地域のために志高くその一歩を」を胸に抱き、苦楽を共にしたメンバーが一つとなって誇りある活動と運動を一年間歩み進めて参りました。

これまでの功績全てにおいてメンバーがいたからこそ成功し、一年間お互いに助け合いながら全力で活動してきたはずです。本例会では今年度の活動を振り返り、メンバー同士で認め合い、労い、称え合い、共に支え合ったメンバーにお互いに感謝の気持ち「ありがとう」の言葉を伝え、1年間の集大成を仲間と共に共有していただきたいと総務委員会一同で考え企画致しました。

 

DSCN7371DSCN7361

 

 

 

 

 

 

例会序盤では各委員会でVTRを交え1年の活動を振り返っていただきました。そして副委員長から委員長へ、委員長から委員会メンバーへ感謝の気持ちを壇上で言葉にしていただきました。また、総務委員会から各委員会にこの1年委員会に深く関わっていただいた外部の方からメッセージをいただいて作製したVTRをプレゼント致しました。

 

 

DSCN7379

 

 

 

 

 

 

 

今年度はメンバー1人1人から投票を行い、自分が大変な時に支えてくれ、共に悩みを共有してくれたメンバーを選んいただきました。その名もスーパースター賞です!!

DSCN7376

 

 

 

 

 

 

 

栄えあるスーパースターに選ばれた写真右 内城 隆則君と

写真左 総務委員長 加藤 啓綱君

 

 

第2部アワード褒賞発表に移り、鏡専務理事より各賞が発表されました。

特別新人賞

DSCN7398DSCN7396

 

 

 

 

 

 

武田 美緒君        内城 隆則君

 

 

優秀新人賞

DSCN7406DSCN7408

 

 

 

 

 

 

高橋 智君         大野木琢也君

 

 

最優秀新人賞

DSCN7420

 

 

 

 

 

 

 

 

青地 宏史君

 

 

特別JAYCEE賞

DSCN7435DSCN7439

 

 

 

 

 

 

久保 卓也君        坂井 学君

 

 

優秀JAYCEE賞

DSCN7444 DSCN7446

 

 

 

 

 

 

玉川 健吾君        磯貝 大地君

 

 

最優秀JAYCEE賞

DSCN7450DSCN7452

 

 

 

 

 

 

前年度最優秀賞受賞者の松岡君から発表されました。

DSCN7456

 

 

 

 

 

 

 

最優秀に輝いた佐々木 真史君

 

 

特別委員会賞

DSCN7469DSCN7473

 

 

 

 

 

 

総務委員会        夢のある経済人育成委員会

 

 

優秀委員会賞

DSCN7476

 

 

 

 

 

会員拡大委員会

 

最優秀委員会賞

DSCN7481DSCN7483

 

 

 

 

DSCN7484

 

 

 

 

 

 

 

 

最優秀委員会賞は市民協働委員会の皆様でした。

おめでとうございます!

 

 

DSCN7491

 

 

 

 

 

 

 

理事長総評

一般社団法人苫小牧青年会議所

第63代理事長 青山 直樹君

 

 

 

 

DSCN7498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現役会員のご紹介 ~市街地活性政策委員会 内城 隆則 君~

青年会議所の会員インタビューです。

■2014年度に入会し、市街地活性政策委員会 内城隆則君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

 

DSCN3381

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 入会したときの気持ちを教えてください。

どのような活動をしている団体なのか、あまり理解ないまま入会したので、とにかく不安な気持ちでいっぱいでした。

 

  • 入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

アカデミーの顔合わせ後すぐに根室に行きOB交流会、例会、港まつりとあっという間にお盆になりました。見るものすべてが新鮮で、とにかく参加する事が楽しく感じていました。

 

  • 2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

初めての委員会活動で、アカデミーの時には感じなかったこと、見えていなかった事が少しずつ見えてきた一年でした。皆さんの目に見えないところでの活動、努力を目の当たりにして、青年会議所活動の大変さが解りました。しかし、青年会議所でなければ出来ないことや可能性が沢山ある事も知りました。この一年を通して青年会議所の事が、ますます好きになりました。

 

  • 目標はできましたか?

一年間の委員会活動で2例会、1事業を行いましたが、最後の事業で気が付いたことは、今、自分が日々生活いることも、仕事も、現在の為ではなくすべてが未来の為に行っている事なのかな?とぼんやりですが感じています。これからの人生、未来の事を考え意識しながら生きていこうと思います。

 

 

20150907_2377

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内城君ありがとうございました。

今年度でご卒業されますが、卒業されても青年会議所で学んだことや感じたことを生かしてこれからもがんばってください!

 

 

 

 

後期アカデミー塾11月第一例会のご報告

平成27年11月12日(水)、苫小牧市川沿体育館にて一般社団法人苫小牧青年会議所後期アカデミー塾生による例会が開かれました。 本例会は、「炎の体育会JC ~絆の向こうへ~」と題し、スポーツ交流を通して今まで以上にLOMの団結を強固なものとする為に塾生が企画致しました。

 

DSCN9488DSCN9495

 

 

 

 

 

 

JCIクリード唱和      JCIミッション並びにJCIビジョン唱和

塾生 所司 有右君       塾生 梶川 弘樹君

 

DSCN9500

 

 

 

 

 

JCI宣言並びに綱領唱和

塾生 古川 梢君

 

 

DSCN9548

 

 

 

 

 

 

 

DSCN9551

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバー全員で準備体操後、競技に移ります。

 

 

DSCN9541 DSCN9533

 

 

 

 

DSCN9644DSCN9637

 

 

 

 

 

競技内容は、①体力レース、②団結綱引き、③絆リレーの3種目で、予め塾生がランダムに割り振ったチーム分けで臨みました。その中で作戦会議を設けたり、メンバー同士が協力する設えが組まれ、普段あまり関わりのないメンバー間や塾生と現役メンバーの交流が図られました。

 

DSCN9721

 

 

 

 

 

 

 

 

例会まとめ

塾生 半澤 彰君

 

 

 

最後に塾生からメンバーに例会前に預けられたピースを持ち寄り、参加メンバー1人1人がピースを組み立て、”絆”勝ち取ろう!地区大会!メッセージと青山理事長の顔の大きなパネルが完成しました。
DSCN9714

 

現役会員のご紹介~交流委員会 坂井 学 君~

青年会議所の会員インタビューです。

■2014年度に入会し、交流委員会、副委員長 酒井 学君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

 

 

DSCN4714

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①入会したときの気持ちを教えてください。

 

僕の場合は、「やってみようかな~どうしようかな~」というときにお誘いを受けたので、丁度タイミングが合ったというか・・・。ですので、良くも悪くもあまり特別な感情はありませんでした。

ただ、JCをやっていて忙しい人は見ていたので、「なぜそこまで頑張るの?」とは思っていました。

 

 

②入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

 

顔合わせの場で、「何だこの雰囲気は。」「何だこの上下関係は。」と思いました。そして会員としての初参加である白老の新年交礼会へ出席させていただき、ひと言で言うと「ヤバい。入会して失敗した。」と思いました。今は、これほどルールが統一された組織とういのは凄いと思いますが、あの時はとにかく色々な意味で怖かったです。

 

 

③2014年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

 

ある程度は参加しておこうという意識でしたが、気付いたら真剣に向き合うようになっていました。取り組んで初めてわかりましたが、こんな団体は他には無いと思います。一生懸命に取り組むほどに自分の成長を感じ、苦楽を共にしている仲間がいると思うと、蔑ろにはできないという意識が芽生えてきました。大きな会場での司会をさせていただいたりしたのも、JCに入会していなければ経験できなかったことだと思いますし、取り組むまでは「嫌だ」と思っていても、終わってみたら「貴重な体験」と思えるようになりました。現在も「修練・奉仕・友情」を常に感じています。

 

 

④目標はできましたか?

 

次年度が卒業なのですが、その貴重な最終年度に委員長を仰せつかりました。これも先ほど回答した「貴重な体験」の一つです。委員会のメンバーをはじめとした皆様のご協力や助けをいただきながら1年間一生懸命に取り組み、「2016年度 社会開発委員会」の足跡をしっかり残したいと思います。

 

 

DSCN0479

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂井副委員長ありがとうございました。

2016年卒業の委員長ですが頑張ってください!

現役会員のご紹介~会員拡大委員会 酒井委員長~

DSCN1466

 

 

 

 

 

 

 

 

 

青年会議所の会員インタビュー第3弾です。

■2014年度に入会し、会員拡大委員会、委員長 酒井雅樹君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

①入会したときの気持ちを教えてください。

現在含めて20年近く札幌在住でしたが、青年会議所に入会するなら地元である苫小牧で活動したいと考えておりました。同世代の経済人にどんな人たちがいるのだろう?青年会議所とはどんな活動をしているのだろう?と興味深い気持ちでした。

 

 

 

②入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

青年会議所独自の文化や決まり事などに多少の戸惑いもありましたが、ここで身に付く姿勢や物事の進め方は今後将来も自分の財産であったり社会人としての格があがるのかなぁとぼんやりでしたが感じました。

 

 

 

 

③2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

昨年は昨年の青年会議所に対する気持ちや取り組む姿勢というものがありましたが、今年度は今年度で委員会にて一緒に活動するメンバーや自分の役割も変わり青年会議所活動の意味や本質を理解しようとするとする気持ちや行動は変わったように感じます。

 

 

 

 

④目標はできましたか?

今年度で卒業になるので青年会議所活動の中での目標は持っていても叶わない事実があります。

しかし、目標といえることではないのかもしれませんが、自身の今後の人生や経済人としての在り方に対して進むべき方向は入会前より数段明確になったのではないかと思います。

 

 

DSCN1469

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井委員長ありがとうございました。

今年卒業となりますが最後の最後まで悔いの残らないように苫小牧青年会議所での活動を楽しんでください。

 

現役会員のご紹介 ~地域活性政策委員会 大野木 琢也 君~

 

青年会議所の会員インタビューです。

■2015年度に入会し、地域活性政策委員会 大野木琢也君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

DSCN0004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 入会したときの気持ちを教えてください。

自分自身があまり職場の外に出たことがない人間でしたので、福士君から青年会議所の話を聞いた時、これは自分の置かれた環境を変えるには良いのかもしれないと思いました。

IRの例会を見せていただきましたが、とてもしっかりした団体なのだと感じました。

 

 

 

  • 入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

子供と接することがメインの仕事なので、同世代の人と接する機会があまりなく、正直とても緊張していました。しかし塾長をはじめスタッフの方々、同期アカデミーの方々が本当に良くしてくれて自然と輪の中に入ることが出来ました

 

 

 

  • 2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

最初は青年会議所に対しての予備知識がなかったので、しっかりした団体なのだなと言うくらいにしか思っていませんでした。しかし、JC活動の目指すところ、特に街作りへの想いなどを聞かせていただき実際に参加してみてとてもすばらしい活動であると感じました。自分も人間的にも少しは変われたのかなと思います。そしてJC活動をしていく中で改めて自分の会社を見つめ直すことが出来ました。会社があってのJC活動なのだと言うことを実感できました。なので、今後は、JC活動をやりつつ会社の方に全力を注いでいきたいと持っています。

 

 

 

 

  • 目標はできましたか?

自分の会社をもっと大きくしていきたいと思っています。しかし少子化の中で塾一本だけでは厳しいところもあると思うので新たな事業も考えて実現させていきたいです

 

 

IMG_0282

 

 

 

 

 

 

 

 

大野木君ありがとうございました!

これからもJCでの活動を期待しております!

地区大会立候補会議10月第一例会のご報告

平成27年10月15日(木)グランドホテルニュー王子にて地区大会誘致に向けて主管獲得に必要な事 ~具体的活動内容の周知~ が開催されました。

DSCN8922

 

 

 

 

 

 

 

地区大会主管獲得に向け、いよいよこれからの活動が本番となります。次年度体制では全道への立候補推進活動を行いながら情報収集の後に立候補資料作成を時間の無い中行う為、今年度において立候補申請書に関わる情報収集やLOMの更なる意識向上を行いより一丸となった体制で来年度が動き出せるように全メンバーに対し今後の活動内容について周知する目的で今例会を開催致しました。

 

DSCN8941DSCN8940

 

 

 

 

 

 

第1部では西村議員の説明のもと、2月例会・そして総会を振り返って地区大会当日までの長い道のりをメンバーに実感いただきました。

また、更に次年度に予定する具体多的行動内容が周知されました。

 

DSCN9017DSCN9037

 

 

 

 

 

DSCN9031DSCN9034

 

 

 

 

 

 

第2部では地区大会のイメージを具体化する為、各部会の説明がされました。また、テーブルディスカッションでは、それぞれの部会の中で地区大会に関わる担当部会として何を行うべきか、市民協働を含め各テーブルで意見が飛び交いました。

全メンバーの想いと大きな可能性を膨らますディスカッション、そしてプレゼンとなりました。

 

 

例会まとめ

DSCN9053

 

 

 

 

 

 

 

地区大会立候補会議

山本 康二議長

 

 

DSCN9074

 

 

現役会員のご紹介 ~市街地活性政策委員会 細谷 祐輔 君~

青年会議所の会員インタビューです。

■2015年度に入会し、市街地活性政策委員会 細谷祐輔君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

DSCN0230

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①入会したときの気持ちを教えてください。

札幌から苫小牧へ通勤しているため、どれだけ出席できるだろうか、家庭との折り合いはどうつけていくべきか不安がありました。今振りかえってみると、無理のない範囲で活動して仲間ができればいいなと安易に考えていたと思います。

 

②入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

入会時の面接や新年恒例会の厳粛さを目の当たりにし、とにかく真面目で体育会系の団体だと思いました。「絆」、「担い」、「設え」等、頻繁に飛び交うJC用語が印象的でした。

 

③2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

アカデミー例会直前の準備はとにかく大変でした。

しかし、スタッフの皆さんのご指導や同期メンバーに支えてもらい、無事例会をやりとげられたからこそ今でも青年会議所を続けているのだと感謝しています。

後期からは委員会に配属されましたが、ここでもスタッフや他のメンバーに支えられてきたという実感があります。仲間とともに例会や事業等の活動をやりとげた時の達成感こそが青年会議所の醍醐味なんだろうと思うようになりました。

④目標はできましたか?

より多くの仲間を作り、少しでも人間として成長して卒業したいと考えています。

 

 

DSCN7162

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細谷君ありがとうございました。

沢山の仲間を作って、人としても成長し、これからもJC活動頑張ってください!