次世代育成委員会担当、二月第一例会を開催しました。

2月23日次世代育成委員会担当2月第一例会が開催されました。
「地域の宝~まちの未来への架け橋となれ~」と題し、苫小牧市が人口減少へ向かう中で、子供たちが次世代のまちの担い手となっていくにはどのように育成していくべきか議論いたしました。
今後人口減少と少子高齢化が同時進行していく背景を鑑み、責任世代として子供たちの社会教育に参加していく重要性を共有しました。そして、子供たちの9歳の壁について焦点を当て、自己肯定感を育成していく必要があることをメンバーに説明しました。
 その後、苫小牧市健康こども部青少年課の亀尾弘美課長をお迎えし、トークセッションを行う中で、苫小牧市で40年間続く「リーダー養成事業」について貴重なお話をお聞かせいただきました。また、次世代育成委員会が提案する「次世代のまちの担い手育成プログラム」にもご賛同いただきました。
 その後メンバーでディスカッションを行い、「次世代のまちの担い手育成プログラム」を踏まえて、子供たちの育成事業を具体的に考えることで、育成プログラムの理解を深めると同時に、子供たちとの向き合い方を各メンバーが考え、さらに、育成事業において子供たちが参加しやすい事業案についても活発な議論を行い、今年度実施される育成事業に向け、意識を高めることが出来ました。
今年度次世代育成委員会の活動にご協力頂けます様お願い申し上げます。

第51回とまこまいスケートまつりに参画致しました。

2月4日、5日に開催された第51回とまこまいスケートまつり会場において「歴史体験JCランド!!~ノスタルジックとまこまい~」と題し、スポーツ都市宣言をしている「スケートのまち」苫小牧らしく、スケートリンクを設営し、昔使用されていた下駄スケートと現在のスケートシューズのすべり比べコーナーや、スケートリンク上で遊べるカーリングボーリングコーナーを運営致しました。

このために用意した下駄スケートは苫小牧建築大工技能士会様にご協力頂き製作して頂いたものです。また、当日来場頂いた子ども達にはミニチュア下駄スケートキーホルダーを製作してもらい記念に持ち帰って頂きました。

今回で10周年になるスケートボブスレーでは市内高校生にデザインを考えてもらい、ボブスレーデザインを一新しました。沢山のボランティア、メンバーで押したボブスレーでは、子供たちの歓声が沢山聞こえてきました。

また、設営から運営まで市内高校生を中心としたボランティア約40名に参加して頂き、ともにスケートまつりを盛り上げ、子供達の笑顔を生み出すことができ、2日間で延べ約5,400名もの多くの方々にご来場頂きました。多くの皆様のご協力のおかげで無事に終了することができました。ありがとうございました!

1月第一例会を開催しました!(会員拡大)

2017年1月25日午後7時より

グランドホテルニュー王子2F若草の間において、一般社団法人苫小牧青年会議所2017年度会員拡大委員会担当1月第一例会が開催されました。

『今日から始める会員拡大!~意識変革と組織強化のためには~』というテーマを掲げ、あきる野青年会議所、直前理事長溝呂木奈美君を講師としてお招きいたしまして開催いたしました。

本例会は会員拡大のためには会員の意識を更に高めること、会員拡大の第一歩を踏み出すために拡大候補者のリストを集めることを目的といたしました。第1部ではなぜ会員拡大が必要なのかということを委員会でプレゼンした後、講師より全国で成功している会員拡大の事例など、最新の情報についてご講演いただきました。

第2部では第1部にて会員拡大に対する意識が高まった状態で、拡大候補者を会員全員でリストアップいたしました。その後会員拡大委員会の今後の活動を説明しました。本例会を通して会員には明るい豊かな社会を目指す青年会議所運動には継続的な会員拡大活動が必要であることが皆様に伝わったと存じます。その成果として433名の候補者がリストアップされました。これで、一般社団法人苫小牧青年会議所の会員拡大の一歩を踏み出せたと存じております。

また、オブザーバーとしてスポンサーJCであります、札幌青年会議所のメンバーの皆様もご参加されました。

本年は「愛郷心と絆を胸に、次代を担う先駆者となれ」をLOMスローガンに掲げ1年間拡大してまいります。2017年度も多くの皆様にご支援と拡大の協力を賜りたく存じます。ご理解、ご協力、また叱咤激励等、様々な関わりをいただけます様お願い申し上げます。

京都会議に参加して参りました。

1月19日(木)から22日(日)まで京都会議に23名と多くのメンバーで参加して参りました。

メンバーが各々各種セミナー、フォーラムに参加し多くの知見を得て参りました。

また、苫小牧青年会議所より日本青年会議所に出向しているメンバーがしっかりと

担いを全う致しました。。

そして、毎年恒例となりました、姉妹JCであります公益社団法人八戸青年会議所の皆さんとの

合同LOMナイトも開催され、八戸メンバーのおもてなしの精神を改めて勉強させて頂き、メンバー

同士の絆を深めて参りました。

メンバー各々が京都会議で学んだことを地域に還元できるよう活動に邁進して参ります。

HPはこちら→http://toma-jc.jp/

新年交礼会を開催致しました。

1月18日PM18:30よりグランドホテルニュー王子3Fにて一般社団法人苫小牧青年会議所の

新年交礼会が開催されました。

本会の中では、鏡理事長の力強い所信表明をご参会頂いた皆様に聞いて頂き、

2017年度の活動方針や、鏡理事長の熱い想いが皆様に伝わったと存じます。

また、当日は多くのご来賓並びにOB会員の皆様にご参会頂き、この場を借りて御礼

申し上げます。誠にありがとうございました。

そして、一般社団法人苫小牧青年会議所の新たな1年が始まったと実感しております。

本年は「愛郷心と絆を胸に、次代を担う先駆者となれ」をLOMスローガンに掲げ

1年間活動してまいります。2017年度も多くの皆様にご支援とご協力を賜りたく存じます。

ご理解、ご協力、また叱咤激励等、様々な関わりをいただけます様お願い申し上げます。

HPはこちら→http://toma-jc.jp/

2017年度の運動が始動!

本日、樽前山神社に2017年度の運動の完遂と安全を三役で祈願して参りました。

その後事務局にて事務所開きが滞りなく執り行われ、2017年度の運動と活動が本格始動しました。

本年度も多くの皆様にご支援とご協力を頂く事と存じますが、

何卒、ご理解いただきます様お願い申し上げます。

明けましておめでとうございます

**新年のご挨拶**
明けましておめでとうございます。旧年中は当会の活動に対し、深いご厚情を賜り心より感謝御礼申し上げます。
今年度は「誇れる志を未来につなげ心輝く地域の共創」を基本理念とし、誇りある地域の共創に向けて、情熱溢れる青年らしい運動を力強く展開致します。そして、他のために思う心、公のために尽くす心を地域に住まう人たちと一緒に成長させていきます。2017年が皆様にとって素晴らしい一年になるようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

一般社団法人苫小牧青年会議所 2017年度理事長 鏡吉伸

10月16日 日韓氷上決戦! 王子イーグルス×苫小牧青年会議所コラボ企画のご案内

この度苫小牧青年会議所では、苫小牧市スポーツ都市宣言50周年を記念し氷都とまこまいの代表的スポーツであるアイスホッケーの人気復活、競技者人口増加の一助となるべく、以下企画をしました。
苫小牧市に本拠地を置く王子イーグルスの公式戦において、多くの市民の方々にアイスホッケーを楽しんで頂けるよう当日まで準備して参ります。多くの皆様のご来場をお待ちしています!

<苫小牧市スポーツ都市宣言50周年記念 王子イーグルス×苫小牧青年会議所コラボ企画>
日韓氷上決戦!~氷上でしか味わえない感動がある~食の日韓戦を同時開催!

日   時:10/16(日)
      11:00食の日韓戦開始!
      14:00試合開始
場   所:白鳥王子アイスアリーナ
目玉企画:①場外乱闘!?食の日韓戦開催!(11:00開始)
       日本食屋台と韓国食屋台が会場前で自慢の料理対決!
      ②駒大苫小牧駒澤高校吹奏楽局による演奏会!
       試合前のオープニングから試合後のエンディングまで試合を盛り上げます!
      ③レジェンド復活!?矢島さんのアイスホッケー体験会!(事前申し込み)
       王子イーグルスOBで王子黄金時代の点取り屋矢島氏による体験会を開催!

お問合せはLOM運営委員会委員長 中岡亮太(080-5592-2941)まで

%e6%97%a5%e9%9f%93%e6%b0%b7%e4%b8%8a%e6%b1%ba%e6%88%a6%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7