OB徒然日記を更新しました!

今回は2004年地区大会を主管した当時のフォーラム部会、部会長を務められた長山先輩から当時の緊迫した様子等を書き綴って頂きました!是非ご覧ください!

http://toma-jc-obdiary.seesaa.net/

4月第一例会を開催しました!(地域共創政策委員会)

4月20日、グランドホテルニュー王子2Fにて地域共創政策委員会担当4月第一例会を開催しました。

『地域の未来を共創するために ~発展を導くカギは苫小牧港にあり~』と題し、(株)北海道二十一世紀総合研究所客室研究員であるます鈴木俊介様を講師にお迎えし、さらにパネリストとして苫小牧市長岩倉博文様、苫小牧栗林運輸(株) 代表取締役社長 栗林秀光様をお招きし、様々な立場の方々から生の声を聞き、地域が向かうべき「将来のビジョン」について考える例会を企画しました。

本例会は、地域特有の優位性であるダブルポート(港湾と空港)に着目し、その一端である苫小牧港の現状や可能性について学び、地域資源の有効活用を通じて更なる発展を導くという観点で5つのセクションを設えました。

第一部では苫小牧港の取扱貨物実績を紹介し地域資源の重要性について理解を深める、第二部では苫小牧港の問題点である輸出の少なさと、時代や世界を取り巻く情勢から、北海道や苫小牧が輸出拡大を軸に発展を遂げる可能性についてプレゼンテーションを行いました。

第三部では、北海道食ブランドの高まる世界需要について講師より講演いただき、輸出に秘める可能性や実務的な現状までご提案いただいたうえで、第四部ではパネリストを交えて、輸出拡大に向けての現状や、行政や企業、はたまた物流などそれぞれの立場からのご意見をいただき、地域の将来に向けて議論を展開しました。

そして第五部では、当委員会が考えた苫小牧が港湾を軸に発展を続けるための「3つの戦略」をプレゼンさせていただき、そのためにはさまざまな立場の市民が一丸となり、地域の未来を共創する重要性についてお伝えさせていただきました。

本例会をきっかけに、近い将来まちづくりのプレーヤーになるであろう我々が地域の現状を知り、打開策について議論を重ねてゆくことが、地域を創る同志としての「志」を高めて、次の世代に引き継ぐ「明るい豊かな苫小牧」の共創に繋がることを期待しております。

当委員会では引き続き地域資源の有効活用及び利用促進について調査と検討を重ね、地域共創が導く「将来のビジョン」の実現に向けて運動を展開して参ります。引き続きご支援ご協力の程宜しくお願いします。

HPがバージョンアップしました

LOM運営委員会委員長の玉川です。

日頃より当会にご支援ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

当会のHPをご覧になられたことはありますか?

苫小牧青年会議所の理事長所信をはじめ、組織・メンバー紹介や過去に行った事業等も掲載

しており、苫小牧青年会議所の活動がわかる内容となっています。

是非、一度ご覧頂きたいと存じますので、宜しくお願いします(*^_^*)

http://toma-jc.jp/

3月第一例会を開催しました!(経済人育成委員会)

2017年3月23日午後7時より

グランドホテルニュー王子3Fグランドホール北において、一般社団法人苫小牧青年会議所2017年度経済人育成委員会担当3月第.一例会が開催されました。

『未来を照らしゆく者となれ~今、学ぶべきものとは~』をテーマに掲げ、NTTデータビジネスソリューション事業本部次世代技術戦略室 室長谷中一勝 様を講師にお招きし、オブザーブ参加された地域の青年経済人の皆さまと、オープン例会として開催いたしました。

本例会では、未来の動向を広い視野で捉え見識を広めていただくこと、自らが率先して同世代の経済人と協力して、経済を牽引する意識の醸成を目的といたしました。

第一部では地域経済の現状や将来の動向をお伝えし、第二部では時代の進化や技術革新に焦点を当て、現状を知っていただき、地域や自身の会社の将来を見据えるきっかけとなるプレゼンテーションを行いました。

第一部、第二部で参加者のみなさんが未来志向になっていただいたところで、講師による講演頂きました。今後、技術革新の中心となるAI(人工知能)とIoTの現状と将来への可能性をお話し頂き、最先端の進化を学んで頂きました。その後、グループディスカッションを行い、地域を牽引していく青年経済人のみなさんとともに、技術革新を見据えた将来への思考と発想を広げる機会と致しました。

また、例会後には新たな試みとして、例会にご参加いただいた皆さまと異業種交流会を開催しました。若い力を団結させ大きな力で苫小牧の経済を牽引していく第一歩となればという思いから実施に至りました。例会に引き続き多くのみなさんにご参加いただき、自己PRタイムや名刺交換タイムなど交流が深まる楽しい一時となりました。

今年度、育成室では「未来を担う人財の育成」に力に注ぎ、経済人育成委員会は苫小牧青年会議所メンバーそして地域の青年経済人に対し、地域への愛と仲間との絆を原動力とし、進むべき方向を照らし、力強く導ける経済人となるべく、成長に繋がる機会を創出していきます。

今後の当委員会の活動にご期待下さい!

OB徒然日記を掲載しました!

この企画はOB諸氏の皆様方に現役当時の思い出や青年会議所への思いを熱く語って頂く企画です。

今年度は2018年度に苫小牧の地で開催される地区大会の前年度企画として、総務・懇親・事業・

式典の4部会の部会長にお話を伺っていきます。

今回は2011年卒、総務部会部会長を務められた笹嶋先輩に当時のこぼれ話や想いを伝えて頂きました。

<OB徒然日記>

http://toma-jc-obdiary.seesaa.net/

<HPはこちら>

http://toma-jc.jp/

次世代育成委員会担当、二月第一例会を開催しました。

2月23日次世代育成委員会担当2月第一例会が開催されました。
「地域の宝~まちの未来への架け橋となれ~」と題し、苫小牧市が人口減少へ向かう中で、子供たちが次世代のまちの担い手となっていくにはどのように育成していくべきか議論いたしました。
今後人口減少と少子高齢化が同時進行していく背景を鑑み、責任世代として子供たちの社会教育に参加していく重要性を共有しました。そして、子供たちの9歳の壁について焦点を当て、自己肯定感を育成していく必要があることをメンバーに説明しました。
 その後、苫小牧市健康こども部青少年課の亀尾弘美課長をお迎えし、トークセッションを行う中で、苫小牧市で40年間続く「リーダー養成事業」について貴重なお話をお聞かせいただきました。また、次世代育成委員会が提案する「次世代のまちの担い手育成プログラム」にもご賛同いただきました。
 その後メンバーでディスカッションを行い、「次世代のまちの担い手育成プログラム」を踏まえて、子供たちの育成事業を具体的に考えることで、育成プログラムの理解を深めると同時に、子供たちとの向き合い方を各メンバーが考え、さらに、育成事業において子供たちが参加しやすい事業案についても活発な議論を行い、今年度実施される育成事業に向け、意識を高めることが出来ました。
今年度次世代育成委員会の活動にご協力頂けます様お願い申し上げます。

第51回とまこまいスケートまつりに参画致しました。

2月4日、5日に開催された第51回とまこまいスケートまつり会場において「歴史体験JCランド!!~ノスタルジックとまこまい~」と題し、スポーツ都市宣言をしている「スケートのまち」苫小牧らしく、スケートリンクを設営し、昔使用されていた下駄スケートと現在のスケートシューズのすべり比べコーナーや、スケートリンク上で遊べるカーリングボーリングコーナーを運営致しました。

このために用意した下駄スケートは苫小牧建築大工技能士会様にご協力頂き製作して頂いたものです。また、当日来場頂いた子ども達にはミニチュア下駄スケートキーホルダーを製作してもらい記念に持ち帰って頂きました。

今回で10周年になるスケートボブスレーでは市内高校生にデザインを考えてもらい、ボブスレーデザインを一新しました。沢山のボランティア、メンバーで押したボブスレーでは、子供たちの歓声が沢山聞こえてきました。

また、設営から運営まで市内高校生を中心としたボランティア約40名に参加して頂き、ともにスケートまつりを盛り上げ、子供達の笑顔を生み出すことができ、2日間で延べ約5,400名もの多くの方々にご来場頂きました。多くの皆様のご協力のおかげで無事に終了することができました。ありがとうございました!

1月第一例会を開催しました!(会員拡大)

2017年1月25日午後7時より

グランドホテルニュー王子2F若草の間において、一般社団法人苫小牧青年会議所2017年度会員拡大委員会担当1月第一例会が開催されました。

『今日から始める会員拡大!~意識変革と組織強化のためには~』というテーマを掲げ、あきる野青年会議所、直前理事長溝呂木奈美君を講師としてお招きいたしまして開催いたしました。

本例会は会員拡大のためには会員の意識を更に高めること、会員拡大の第一歩を踏み出すために拡大候補者のリストを集めることを目的といたしました。第1部ではなぜ会員拡大が必要なのかということを委員会でプレゼンした後、講師より全国で成功している会員拡大の事例など、最新の情報についてご講演いただきました。

第2部では第1部にて会員拡大に対する意識が高まった状態で、拡大候補者を会員全員でリストアップいたしました。その後会員拡大委員会の今後の活動を説明しました。本例会を通して会員には明るい豊かな社会を目指す青年会議所運動には継続的な会員拡大活動が必要であることが皆様に伝わったと存じます。その成果として433名の候補者がリストアップされました。これで、一般社団法人苫小牧青年会議所の会員拡大の一歩を踏み出せたと存じております。

また、オブザーバーとしてスポンサーJCであります、札幌青年会議所のメンバーの皆様もご参加されました。

本年は「愛郷心と絆を胸に、次代を担う先駆者となれ」をLOMスローガンに掲げ1年間拡大してまいります。2017年度も多くの皆様にご支援と拡大の協力を賜りたく存じます。ご理解、ご協力、また叱咤激励等、様々な関わりをいただけます様お願い申し上げます。

京都会議に参加して参りました。

1月19日(木)から22日(日)まで京都会議に23名と多くのメンバーで参加して参りました。

メンバーが各々各種セミナー、フォーラムに参加し多くの知見を得て参りました。

また、苫小牧青年会議所より日本青年会議所に出向しているメンバーがしっかりと

担いを全う致しました。。

そして、毎年恒例となりました、姉妹JCであります公益社団法人八戸青年会議所の皆さんとの

合同LOMナイトも開催され、八戸メンバーのおもてなしの精神を改めて勉強させて頂き、メンバー

同士の絆を深めて参りました。

メンバー各々が京都会議で学んだことを地域に還元できるよう活動に邁進して参ります。

HPはこちら→http://toma-jc.jp/

新年交礼会を開催致しました。

1月18日PM18:30よりグランドホテルニュー王子3Fにて一般社団法人苫小牧青年会議所の

新年交礼会が開催されました。

本会の中では、鏡理事長の力強い所信表明をご参会頂いた皆様に聞いて頂き、

2017年度の活動方針や、鏡理事長の熱い想いが皆様に伝わったと存じます。

また、当日は多くのご来賓並びにOB会員の皆様にご参会頂き、この場を借りて御礼

申し上げます。誠にありがとうございました。

そして、一般社団法人苫小牧青年会議所の新たな1年が始まったと実感しております。

本年は「愛郷心と絆を胸に、次代を担う先駆者となれ」をLOMスローガンに掲げ

1年間活動してまいります。2017年度も多くの皆様にご支援とご協力を賜りたく存じます。

ご理解、ご協力、また叱咤激励等、様々な関わりをいただけます様お願い申し上げます。

HPはこちら→http://toma-jc.jp/