HOME > 苫小牧JCとは > 総務委員会

総務委員会 運営方針

「頼まれる」から「頼られる」へ
委員長 長沼 啓示
 偉大な先人たちが明るい豊かな苫小牧を目指し、長い歴史と伝統を積み重ねてこられたからこそ我々が存在します。その活動や運動の全ての始まりである意思の決定は会議で行われ、効率的な議論が交わせる環境とすることが重要です。また、毎年組織の形は変わりながらも三信条を基に活動と運動を継続し、さらに発展を願い未来に繋ぐ必要があるのならば、組織の根幹を支えながらも新たに一歩踏み出す挑戦をしていくことが求められます。
 そのためには、常にメンバーがそれぞれの担いに向けて活発な意見交換に集中するための円滑な会議運営や事前準備、正確な議事録作成と情報の受信を行います。そして、メンバー同士が親身に連携を取るために、会員名簿の活用機会の向上を図り、常に携帯することで委員会活動の糧となるよう創意工夫に努めます。さらに、各委員会の活発化からLOM全体の発展に貢献するために、情報の発信を正確に行い、スケジュール管理や案内管理などの役割を各幹事が理解して行動することで、メンバー同士が依頼や相談しやすい、横の繋がりがより強まる幹事会の運営を行います。また、各委員会や各塾が例会や事業の運営に集中して取り組むために、受付業務やアテンダンス管理を含めたサポートを行い、各委員会の後押しができる環境を創造します。さらに、メンバーの今後の活動意欲を高めるために、活動や運動の軌跡を振り返り、それぞれの成長をメンバー全員で称え合い認め合うことができる例会を企画し運営します。総務委員会が「頼まれる存在」から「頼られる存在」へとなるべく、他のために率先して行動することで、組織全体の後押しに努めます。
 伝統を守りつつ、さらなる発展に向かうための挑戦を始められる環境を提供することと、今まで以上に組織全体がより他のために動きやすくなるよう組織を支えていくことで、我々が持つそれぞれの可能性が最大限に発揮され、明るい豊かな社会の創造へ繋がります。


<事業計画>
1.総会、理事会等の諸会議における準備、設営、議事録作成、庶務に関する事項全般
2.諸会議における上程資料の管理及び書類の管理、保管
3.要覧、会員名簿、報告書の作成及び配布、発送
4.各種例会、事業における受付及びアテンダンス管理
5.各議案のコンプライアンスチェック
6.幹事会運営
7.アワード例会の企画、運営
8.会員拡大の推進と実施

<事業目的>
1.LOMメンバーがそれぞれの担いのために活発な意見交換に集中できるよう、円滑な会議場の設営と会議の運営
2.諸会議における上程資料の管理及び正確な受発信、厳重な保管の実施
3.要覧、会員名簿、報告書の期限内の作成及び配布、発送の実施
4.担当委員会、塾が運営に集中できるよう、受付及びアテンダンス管理の実施
5.円滑な会議を行うため、貴重な時間を誤字脱字の指摘時間にあてないよう、事前のコンプライアンスチェックの実施
6.各委員会の会議時間の有効活用やコミュニケーション向上を目的とした幹事会の運営
7.各委員会や個々の活動や運動の一年間の軌跡を振り返り、LOMメンバー全員で称え合い、認め合うことができる例会の企画と運営
8.新入会員の拡大

【総務委員会】
委員長  長沼 啓示
副委員長 長岡 和輝
副委員長 山﨑 陽平
幹事   榎 亮丞
委員   小野 正太
委員   小堀 亨典
委員   中江 友紀
委員   藤村 美久
委員   矢部 隆明