HOME > 苫小牧JCとは > 拡大委員会

拡大委員会 委員会運営方針

次代に紡ぐ未知なる拡大への道
委員長 高橋 銀次郎
 我々は会員の意識を拡大し志を紡ぎ組織を発展させ続け、明るい未来を目指し率先して地域を牽引してきましたが、近年の各地会員会議所では経験の豊かな会員の減少に伴う運動力の低下が懸念されており、我々も将来を見据えて次代を創る一助となる運動の持続を考える時期にあります。従来の会員拡大手法の踏襲だけではなく、責任世代に対しても地域を担う意識醸成を促す事で、未来へ向けて未知の領域に踏み込む事が求められています。
 そのためには、過去の会員拡大活動から潜在する課題を洗い出し、蓄積した情報や実績と各地会員会議所の成功事例や、OBやメンバーが持つ情報を多角的視点で調査分析し、対象者への適切なアプローチ方法と、次代へと引き継げる拡大計画を立案して参ります。そして、組織力を駆使した有効的な会員拡大活動を行うために、メンバーに拡大計画と将来のビジョンを伝え会員拡大の重要性を共有し、委員会が先頭に立ち行動を示す事で、LOM全体の士気を上げ実践へと促して参ります。また、拡大対象者の裾野を拡げるために、地域に住まう人々が我々の展開する運動に触れ、まちづくりの楽しさを体感し、地域を担う責任世代としての意識を得るきっかけを生み出して参ります。そして、責任世代が立場の枠を越えて連携を深めるために、交流を通じて互いの知識や繋がりを高め合える機会を創出し、地域の未来を担う人財として仲間意識を強める事で、地域全体の意識拡大に繋げて参ります。同じ志を持つ仲間だけでなく、地域の責任世代と積極的に関り、両輪の意識を拡げ次代に紡ぐ未知なる拡大への道を作り、地域を照らす志を継承し続けて参ります。
 輝く未来の実現に向けて地域の意識変革を導き、同志の意識の更なる繋がりがまちづくり運動の原動力を躍進させます。その活力を拡大し未知の領域へと勇気ある一歩を踏み出す事で、理想とする明るい豊かな「とまこまい」の創造を実現させると確信しております。

<事業計画>
1.苫小牧青年会議所会員拡大に関しての調査分析、情報管理、庶務全般
2.拡大対象者情報を基に立案する戦略的会員拡大方法に関する担当例会の企画、運営
3.地域の責任世代と共に学ぶ事業の企画、運営
4.創立65周年に関する事項の運営

<事業目的>
1.新規入会員手続きに関する庶務全般、長期的な会員拡大活動に係る情報の調査分析、情報管理
2.会員拡大計画を立案し、組織的な実施を図る為の例会の企画、運営
3.地域の責任世代への意識変革を促す事業の企画、運営
4.未来へ向けた苫小牧青年会議所運動の推進力向上

【LOM運営委員会構成】
委員長  高橋 銀次郎
副委員長 横山 美加
副委員長 小野 正太
幹事   高木 浩志
委員   大井 隆志
委員   長田 将平
委員   福岡 大二郎
委員   藤村 美久
委員   宮本 太郎