HOME > 苫小牧JCとは > 総務委員会

総務委員会 運営方針

更なる基盤へ
委員長 長岡 和輝
 総務委員会は、LOMの推進力の基礎と起点となる基盤のうえメンバーの下支えとなり、情熱をもって運動と活動に歩み続けられるよう、サポートしていかなければなりません。しかし、不円滑な事項に時間をとられ疲弊し、始めた時の情熱を維持し続けることができない実情があります。いま何が必要かを捉えることで、情熱を持ち続けたまま歩み続ける環境と共に、意見の調整と意思決定を的確に行える円滑な会議運営が求められています。
 そのためには、メンバー間の情報共有方法を見直し、新たな方法を取り入れ効果を検証してより効果的な運動展開へとつながる基盤構築と、効率的な会議運営を行ってまいります。そして、会議を円滑に運営するために、庶務事項を的確に取り組み不円滑な事項を調査し効率化を図ってまいります。さらに、先輩諸氏の経験を効率よく学び、調査するために、資料の電子化を行い、検索性を向上させることで効率的に入手できるようにいたします。そして、メンバーとOBそれぞれの目的達成と効率的な情報共有のために、方向性の確認や架け橋となる手帳を製作し、様々なツールを模索、利用して情報共有と伝達手段の効率化を図ります。また、例会や事業等の参加動員のために、正確な出欠管理、アテンダンス管理を行い、各委員会と共有、分析して連携を高めてまいります。また、メンバーの運動、活動の記録をLOMで共有するために、広報渉外委員会と協働しメンバーの記録を保存し提供してまいります。総務としての担いを着々とこなし、不経済な事項を効率化することでLOM全体が連携、協働し合える基盤の基、メンバーを想い思索してまいります。
 我々総務委員会が、LOMの下支えとなる更なる基盤を作ることで、相集い力合せた運動展開への、推進力の基礎と起点になることで、より円滑で効果的な運動展開へとつながり、苫小牧青年会議所が目指すべき真に明るい豊かな苫小牧につながると確信いたします。


<事業計画>
1.総会、理事会等の諸会議における準備、設営、議事録作成、庶務に関する事項全般
2.諸会議における上程資料の管理及び書類の管理、保管
3.要覧、会員名簿、報告書の作成及び配布、発送
4.各種例会、事業における受付、アテンダンス管理、各理事会での報告
5.LOMや会員の働きがわかる風通しのよいLOM内広報
6.事務局内の資料の電子保存と検索性の向上
7.広報渉外委員会との協力による各例会事業の写真、動画の保存
8.効率的な会運営の契機となる例会の企画、運営
9.会員拡大の推進と実施
10.他委員会との積極的な協働

<事業目的>
1.諸会議の効率化を検討し円滑で的確な運営を目的とする。
2.運動と活動の軌跡を次年度以降に残していくことを目的とする。
3.連絡手段やLOMの活動内容を対内及び対外へ発信することを目的とする。
4.数的管理を共有し参加動員につなげることを目的とする。
5.LOM全体で情報共有をし、連携、協働し合う関係を築くことを目的とする。
6.利便性を向上させ検索時間を短縮し負担軽減することを目的とする。
7.運動、活動に関する記録をLOMで共有することを目的とする。
8.不経済なことを効率良くすることを目的とする。
9.新入会員の拡大を目的とする。
10.連携、情報共有を行い運動展開への促進につなげることを目的とする。

【総務委員会】
委員長  長沼 啓示
副委員長 中山 卓也
幹事   長尾 洋平
委員   池田 俊一
委員   相馬 正樹