現役会員のご紹介 ~地域活性政策委員会 大野木 琢也 君~

 

青年会議所の会員インタビューです。

■2015年度に入会し、地域活性政策委員会 大野木琢也君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

DSCN0004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 入会したときの気持ちを教えてください。

自分自身があまり職場の外に出たことがない人間でしたので、福士君から青年会議所の話を聞いた時、これは自分の置かれた環境を変えるには良いのかもしれないと思いました。

IRの例会を見せていただきましたが、とてもしっかりした団体なのだと感じました。

 

 

 

  • 入会したときの第一印象はどのような気持ちでしたか?

子供と接することがメインの仕事なので、同世代の人と接する機会があまりなく、正直とても緊張していました。しかし塾長をはじめスタッフの方々、同期アカデミーの方々が本当に良くしてくれて自然と輪の中に入ることが出来ました

 

 

 

  • 2015年1月から活動が始まり、現在に至るまで青年会議所に対する気持ちの変化はありましたか?

最初は青年会議所に対しての予備知識がなかったので、しっかりした団体なのだなと言うくらいにしか思っていませんでした。しかし、JC活動の目指すところ、特に街作りへの想いなどを聞かせていただき実際に参加してみてとてもすばらしい活動であると感じました。自分も人間的にも少しは変われたのかなと思います。そしてJC活動をしていく中で改めて自分の会社を見つめ直すことが出来ました。会社があってのJC活動なのだと言うことを実感できました。なので、今後は、JC活動をやりつつ会社の方に全力を注いでいきたいと持っています。

 

 

 

 

  • 目標はできましたか?

自分の会社をもっと大きくしていきたいと思っています。しかし少子化の中で塾一本だけでは厳しいところもあると思うので新たな事業も考えて実現させていきたいです

 

 

IMG_0282

 

 

 

 

 

 

 

 

大野木君ありがとうございました!

これからもJCでの活動を期待しております!