現役会員のご紹介~会員拡大委員会 磯貝君~

苫小牧青年会議所の活動を広く市民の皆様に知っていただく一環として、青年会議所の会員インタビューを今後連載させていただきます。

初回は2014年度に入会し、今年度は会員拡大委員会 幹事の磯貝 大地君にインタビューを行いましたのでご紹介致します。

 

1441026475823 1441026482879

 

 

 

 

 

 

■インタビューアー総務委員会  副委員長 久保 卓也

 

 

久保:入会した時の気持ちを教えてください。

 

磯貝:元々JCに良いイメージが無く、そのようなところでとりあえず入会したような感じでしたので、本当に1年やったら辞めようと思っていました。

 

 

久保:入会して第一印象はどのような気持ちでしたか?

 

磯貝:変な宗教団体に入会してしまったと思いました。私が入会して初めて出させていただいたのは、白老JCさんの新年恒例会でした。そこでセレモニーや若い我らなど、日常生活では絶対見ることのない光景でしたので、ヤバイと思ってしまいました。

 

1441026488902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久保:アカデミー塾を卒業した時の気持ちを教えてください。

 

磯貝:経験したことのない半年間でしたので、兎に角とてつもない達成感と塾長をはじめとする塾スタッフの皆様や声をかけて頂いた、たくさんのメンバーの方、講師で関わって頂いたOBの方々、そしてたくさんの時間を共有した同期塾生に本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

久保:1年目と2年目の気持ちの変化は何かありますか?

 

磯貝:入会当初はどうやって目立たず、うまく休もうかと思っていましたが、それも徐々に同期塾生に感化され、やらされるというよりは、やらなければならないという思いに変わって行ったのかなと思います。

 

 

久保:目標はなにかできましたか?

 

磯貝:入会当初すぐにでも辞めたいと思っていましたが、今はこの青年会議所でたくさんの学びを得て卒業したいと思います。あとは、この青年会議所活動の素晴らしさをより多くの人に知って頂いて、拡大活動をしなくても自ら青年会議所に入会したいと思う方が増えるよう、頑張っていきたいと思います。

 

ありがとうございました。

今後も現役会員にインタビューを行って参ります。市民の皆様、OBの皆様もインタビューをして欲しい会員のリクエストがございましたら是非お声かけください。総務委員会がインタビューを致します。