第51回とまこまいスケートまつりに参画致しました。

2月4日、5日に開催された第51回とまこまいスケートまつり会場において「歴史体験JCランド!!~ノスタルジックとまこまい~」と題し、スポーツ都市宣言をしている「スケートのまち」苫小牧らしく、スケートリンクを設営し、昔使用されていた下駄スケートと現在のスケートシューズのすべり比べコーナーや、スケートリンク上で遊べるカーリングボーリングコーナーを運営致しました。

このために用意した下駄スケートは苫小牧建築大工技能士会様にご協力頂き製作して頂いたものです。また、当日来場頂いた子ども達にはミニチュア下駄スケートキーホルダーを製作してもらい記念に持ち帰って頂きました。

今回で10周年になるスケートボブスレーでは市内高校生にデザインを考えてもらい、ボブスレーデザインを一新しました。沢山のボランティア、メンバーで押したボブスレーでは、子供たちの歓声が沢山聞こえてきました。

また、設営から運営まで市内高校生を中心としたボランティア約40名に参加して頂き、ともにスケートまつりを盛り上げ、子供達の笑顔を生み出すことができ、2日間で延べ約5,400名もの多くの方々にご来場頂きました。多くの皆様のご協力のおかげで無事に終了することができました。ありがとうございました!