HOME > 苫小牧JCとは > 専務理事

専務理事 運営方針

光の射す方へ
専務理事 玉川 健吾
 いつの時代も他のためを想い勇気を持って困難に挑戦してきた先輩諸氏による「まちの未来を想う心」が地域を創り今日があります。私達は積み重ねられた心を絶やす事なく、さらに一歩踏み出し未来へ継承しなければなりません。運営の長として、メンバーが個々の力を出し切り、どんな目標にも臆する事なく、明るい豊かな社会に向かって渾然一体となって運動していくには、全体を俯瞰して組織を進むべき方向へと導く事が求められます。
 そのためには、メンバーが目標に向かって最大限力を発揮するべく、運営の源となる各種会議体における事業の管理と把握に努め、運営面並びに財政面からの支援を適切に行います。そして、他を慮り連携し合う組織とするために、メンバーの声を隅々から汲み取り、多様な価値観を尊重しながら真摯に耳を傾け、真剣に議論を尽くし相互理解を深める事で高い志を共有します。さらに、透明性と公益性を持った運動の価値を高め地域より付託された担いを果たすために、一層メンバーの意識向上と成長を図りながら活動環境を整え、組織の進化と強化に繋げます。また、ガバナンスの強化を図るために、運営室と連携を密に取り運営のガイドラインを見直す事はもとより、組織の縦横軸の連携によって財務管理や法令順守を徹底していきます。そして、意識変革のきっかけを創造するために、対内外の情報収集から時代に即した効果的な発信を行い、共感を広く伝播するよう導きます。柔軟且つ円滑に組織運営を行い、進むべき方向を導く事で組織の意識がまとまり、参加と連携の下地が造られ、個々の成長から勇気ある一歩を踏み出す強固な組織が創造されます。
 これまで紡がれてきたまちづくりに対する想いを受け止め、さらに歩みを進める事で輝き溢れる未来への道が続き、青年会議所運動が次世代に継承されます。そして、全ては未来を生きる人達のために、勇気ある一歩を踏み出す事で明るい豊かな苫小牧が創られます。