HOME > 苫小牧JCとは > おまつり委員会

おまつり委員会 委員会運営方針

共に創る未来
委員長 鈴木 吾
 先輩諸氏がこのまちを想い多くの人達と共に歩み、築きあげられてきた伝統文化であるおまつりは、活気に満ち溢れる賑わいとたくさんの笑顔をもたらす地域振興のひとつとして、この時代へ脈々と受け継がれてきました。この付託された担いを今後も止める事なく未来へ歩を進め、おまつりを通じ私達の活動をより多くの市民に広げ、繋がりをより強固なものにしていくと共に、連携を育み次の世代へと引き継いでいく事が求められています。
 そのためには、市民、関係各所との繋がりを広げ連携し私達の運動を通じこのまちに住む人達へ想いを伝播し、楽しみ溢れる未来へ歩を進める事業を展開して参ります。そして、市民との交流を深め繋がりの拡大へと向かうために、とまこまいスケートまつりでは多くの人達と交流を図り参加、連携することから楽しみと喜びを体感していただき、今後の在り方について検討をして参ります。さらに、育まれた繋がりをより強固にするために、とまこまい港まつりでは市民、関係各所と連携し輪の拡大を図り企画、設営、運営を共に行い、実行委員会に加入し3年目を迎える本年、過去からの調査、分析を基に検証し今後の在り方を検討して参ります。そして、今後の関わり方を提示するために、たるまえサンフ ェスティバルでは調査、分析を行い検証し今後の在り方を判断して参ります。各種おまつりを通じ、このまちに住む人達との繋がりをより強固なものとし、率先して交流を深め連携の輪を育み、市民一人ひとりが主体性を持ち行動できる方法を模索し、おまつりの在り方を考え、今後の私達の関わり方を含め、未来へ向けた新たな方向性を示して参ります。
 このまちに住む一人ひとりの繋がりの輪が育まれることにより、新たな市民の意識変革をもたらし輝き溢れる未来を切り拓く原動力となります。大きな一歩を踏み出すそのものが足跡となり多くの笑顔を生み出す、楽しみ溢れる明るい未来へと繋がる事と確信します。

<事業計画>
1.スケートまつり、港まつりへの楽しみ溢れる事業参画
2.スケートまつり、港まつりへの参画の在り方についての検討
3.たるまえサンフェスティバルの参画についての調査分析並びに手段の模索
4.地域の間接的な関わり方も含めた各種おまつりを育てる手法の検討並びに実施
5.会員拡大の推進と実施
6.創立65周年に関する事項の運営

<事業目的>
1.スケートまつり、港まつりでより多くの市民と交流し繋がりを広げ、連携し参画することにより育まれる楽しみの創出
2.スケートまつり、港まつりの新たな参画の在り方についての提示
3.たるまえサンフェスティバルの参画の在り方ついての提示
4.地域への繋がりを拡大し、より多くの市民との連携による、おまつりの実施
5.新入会員の拡大
6.未来へ向けた苫小牧青年会議所運動の推進力向上

【LOM運営委員会構成】
委員長  鈴木 吾
副委員長 青塚 昇太
副委員長 田中 彦樹
幹事   五十洲 義文
委員   大上 真也
委員   葛巻 学
委員   久保 卓也
委員   水越 拓也
委員   吉川 学