HOME > 苫小牧JCとは > 交流推進委員会

交流推進委員会 委員会運営方針

交流の道の未来
委員長 佐々木 隆幸
 苫小牧青年会議所は65年間、先輩諸氏が明るい豊かな社会の実現に向けた想いから、繋がり築いた道があります。私達は歴史をしっかりと受け継ぎ理解した上で、未来への道を切り拓き、歩みを止める事無く進化と発展を繰り返し、次世代に向け継承していかなければなりません。全ての人に同じ志が広がり、この先どんな問題にも信頼する仲間と共に挑むには、共有する多くの時間から育くむ絆を強固なものとする交流が求められています。
 そのためには、組織内の繋がりを深め誰もが楽しむ交流の機会を提供して参ります。そして、新年交礼会では我々の向かう道を先輩諸氏、関係諸団体に向け強く発信するために、一年間の運動に挑むメンバーの足並みを揃え、気概に満ちた姿勢を示して参ります。さらに、道南エリアスポーツ大会では同じ志を持つ仲間と交流を深めるために、メンバー全員、一生懸命取り組む姿勢へ導き、全力で楽しみ道南エリアの同志と想いを共有する支援を行 って参ります。また、OB交流事業では今後の運動を邁進するために、紡がれてきた歴史を理解し、さらなる運動を展開すべく我々の活動を伝え、苫小牧青年会議所の礎となる事業を構築致します。さらに、繫がりから育まれた絆を強固にするために、一丸となり成し遂げた事に対し、他を想い団結心を無くす事無く未来へ向け気概を示し、共有して参ります。そして、卒業式では今まで築いた絆を今後忘れる事無く持ち続けていただくために、苦楽を共にした卒業生に感謝し華々しく送ります。目標に向かう中で真剣に仲間を想い一致団結し、達成する喜びを感じる事の出来る真の絆が育まれる活動を行って参ります。
 様々な苦楽は人を動かし未来を切り拓く最大の原動力となります。繫がりを多く創出し信頼する仲間との絆が育まれることで、それがやがて地域へと伝播し、積極的に歩みを共にする仲間で溢れたならば、真の明るい豊かな苫小牧の実現に近づける事と確信致します。

<事業計画>
1.新年交礼会、OB交流事業、卒業式の実施
2.道南エリアスポーツ大会においての交流支援事業の実施
3.交流を図るあらゆる事業の模索
4.会員同士の繋がりをより強固なものとする例会の企画、運営
5.会員拡大の推進と実施
6.創立65周年に関する事項の運営

<事業目的>
1.一年間の運動を明確に示し苫小牧青年会議所運動の歴史を学び感謝の気持ちを持ち未来へと歩むべき道の道標となる事業の構築
2.他LOMと想いを共感し、繫がりを多くもたらす円滑な交流の支援
3.誰もが参加しやすく多くの繋がりと絆が生まれる交流の模索
4.楽しさに溢れ未来に向けての新たな一歩を踏み出せる例会の企画・運営
5.新入会員の拡大
6.未来へ向けた苫小牧青年会議所運動の推進力向上

【交流推進委員会構成】
委員長  佐々木 隆幸
副委員長 西村 浩生
副委員長 大下 和宏
幹事   中村 雄一
委員   大宮 久司
委員   熊谷 知哉
委員   笹川 雅之
委員   田中 克和
委員   山岡 達丸