HOME > 苫小牧JCとは > 創立65周年運営会議

創立65周年運営会議 委員会運営方針

紡がれた想いを未来へ
議長 葛西 賢治
 苫小牧青年会議所は65年もの長きに渡り、先輩諸氏が同志や各関係諸団体と共に、時代ごとの環境の変化に応じて生じる課題解決に向けて、地域を想い、先駆的に取り組んできました。今を生きる我々の活動や運動も、不連続の連続である歴史と伝統の礎の上に成り立っています。創立65年の節目である本年度、過去から紡がれてきた歩みの中で、地域から付託と信託により応える、未来へ向けた運動を飛躍させることが求められています。
 そのためには、メンバー各々が歴史と伝統を学び次代へ繋げるべく、過去の苫小牧青年会議所の例会や事業、対外を含む各種周年事業を調査、分析し、LOM全体での情報の共有を図ります。そして、苫小牧青年会議所をより発展させ未来へ繋げるために、創立60周年の際に制定された「未来への宣言」から、過去5年間の苫小牧青年会議所の歩みを検証した上で、今後5年間の進むべき方向性を提示します。さらに、先輩諸氏や同志、各関係諸団体に、我々の運動へ今後もご賛同とご支援をいただくために、創立65周年記念式典及び懇親会を企画、運営し、心からの感謝と敬意を伝え、未来へ向けて力強く運動を展開していくことを発信致します。また、苫小牧青年会議所の運動の推進力を高めるために、LOM内のあらゆる組織と連携し、創立65周年に関わる事項を含む事業を構築し、円滑に運営して参ります。メンバー各々が歴史と伝統を重んじ、過去から学び、今まで支えていただいた全ての方々への感謝と敬意を携え、LOM一丸となって「まちづくり」「ひとづくり」を行い、進むべき未来への指針をしっかりと見定めた運動へと繋げて参ります。
 まちを想い、先人達を想い、進むべき未来を見定めた我々の運動は、地域からより付託と信託を得て加速し、強固で魅力溢れる組織へと昇華し、多くの共感を集めながら市民一人ひとりの意識を変えることで、未来を切り拓く輝き溢れる苫小牧の創造へと繋がります。

<事業計画>
1.各種周年事業に関する調査分析
2.苫小牧青年会議所65周年実施組織の立ち上げ及び運営
3.苫小牧青年会議所の歴史と未来を次代へ繋げる例会、事業の企画、運営
4.苫小牧青年会議所創立65周年記念式典及び懇親会の企画、運営
5.会員拡大の推進と実施

<事業目的>
1.苫小牧青年会議所の歴史と伝統を学び、次代へ繋げること
2.苫小牧青年会議所の運動の推進力を高めること
3.苫小牧青年会議所をより発展させ、未来へ繋げること
4.先輩諸氏や各地会員会議所会員、各関係諸団体へ苫小牧青年会議所の運動に今後も賛同と支援をいただくこと
5.創立65周年を企画・運営するにあたり、関わる全ての方々から繋げる会員の増強

【LOM運営委員会構成】
議長  葛西 賢治
副議長 梶川 弘樹
幹事  所司 有右